SHARP から発売中の話題の生ゴミ処理機でございます。
生ゴミの 92% が分解されてなくなっちゃうスグレものでございます。
ついついゴミの日を忘れてしまうボクなんか、夏場はとても重宝しそうな予感でございます。
これで夏場でもホッケの干物が食べられるし、秋は秋刀魚を毎日食べられるってもんです。

処理のペースとなる微生物が入ったチップが生ゴミを水蒸気と二酸化炭素に分解する、と。
ちょっとまて。
家庭からの二酸化炭素排出量が増えるってことですか?
日本中の家庭に普及した場合、現在の方法でゴミ処理施設から排出されている生ゴミ分の二酸化炭素の排出量と家庭から排出される二酸化炭素の増加分と比べるとどうなるんですかね。減るんですかね。
SHARP さん教えて。