TEMTECOMAI ORTHOSTATIC HYPOTENSION

元ダメプログラマで現ダメ中間管理職の駄文

September 2004

格好悪かった。
あれでipodに対抗する気というのは冗談だよね?
別にipodユーザーじゃないけど、誰だって二つを並べてみればipodを選ぶと思う。

踏切手前のくぼみ。
ライトまで水。
波が襲ってくる。
助手席ビチョビチョ。

だったってさ。

曙は1ラッシュでスタミナ切れるんですか。
マスコミが作った「曙は怖い」てのは番組を売るための嘘っぱち。
元横綱という肩書きが無ければどうしてK-1に出れようか。
元横綱という肩書きが足かせになっているのなら自分で取り去ればいい。
1年休め。
休めって言ってもホントに休むなよデブ。
じゃないと次はバタービーンと組ませられるぞ。
負けたらホントに何にもなくなるぞ。

と言えば築地の豊ちゃん。
築地へ遊びに行くと大和寿司ってパターンだが、なにせ長距離ドライブ。時間が読めない。
お昼時になると大和寿司は救いようがないぐらいに並んでいるので、そんな時は豊ちゃんでカツカレー。オムハヤシライスでもいいか。

明日は埼玉の本社でシステム会議だった。
資料何にも用意してないや。
いーや、どうせ新基幹システム開発の第1回目打合せだし。
お茶飲んで、ワイガヤして、お茶飲んで、ワイガヤして、希望や案を出し尽くす。
そんな会議だろうなー。

スーツで行くの面倒くさいから作業着で行こっと。

もう疲れた。
Wordでテキストを書きつつ、例題のネタを考え、Excelで例題を作る。作った例題の画面をキャプチャしてWordに貼り付けつつ、Excelも保存しておく。
関数が複雑にネストする例題は、関数をばらした状態の例題をいくつもつくり、やがてそれをまとめていく過程でも例題をいくつも作る。
最後に複雑にネストされた1つの式を作る例題を作る。

Word、Excel、CutWin、PaintShopProな1日。

dotnetlogo2今日初めて知った。
いや、そういうツールがあることは知ってたけど、BTS という言葉と結びついたのが今日、ってこと。
Bug Tracking Tool、他に Issue Tracking Tool とも呼ばれてるみたい。
ようするに、あっち側の誰かが何らかの問題を打ち上げて、こっち側の管理者がその問題を確認後に重要度などの情報を付加してこっち側の担当者に振る。担当者は作業を行って問題を解決する。その問題が本当に解消されていれば打ち上げを Fix する。

テスターからのバグ報告を開発者グループが Fix させるような感じで使うらしい。
もっと広く言えば、誰かから何らかの問題が打ちあがってきて、それを誰かが対応して完了させる、っていう感じ。同じパターンであれば、お客様相談室、ヘルプデスクなんかにも応用できそう。

で、IISが動いてるわけだし .NET Framework 上で動くツールはないかな、って探したわけです。
そこで行き着いたのが Gemini っていうツール。
ただいかんせん英語がねぇ・・・
項目が英語なのはすぐに慣れるんだけど、選択項目のリストもすべて英語ってのは、そういう類のツールを使ったことがない人にはサッパリなわけさ。

で、ミニマムな機能なら自分で開発できるんじゃないか、って思ってます。

IIS + .NET Framework 1.1 + SQL Server という環境で稼動。
開発は VB.NET あたりで。

dotnetlogo2普通の VBA プログラム
Moug ML 用にちょこっと作ったサンプル
Excel VBA Macro Sample 01
-------------------------------------------
ブックを選択させる。
選択ブックのフルパスを表示。
選択ブックに含まれるシート名の一覧を表示。
シートを選択させる。
を2ブック分行わせる。
-------------------------------------------

いやー今日は忙しかった。パートさんの1人が昼の部に入らざるを得なかったので夜が手薄のところ、注文と来客でてんてこまい。
あ、優寿司のことね。

業務マニュアルと標準化についてのお話。
出前の注文を受けるのにはコツがいる。
どこ、誰、いつ、何を、いくつ、注意点、連絡方法、ランドマーク。これは電話口で確認する最低限のこと。
実際には、既に入っている出前やお店の注文状況をカウンターの人に確認して、この注文はいつぐらいのお届けになるかをネゴしなくちゃいけない。
で、実際のところスタッフ全員が電話を取るわけではない。というか取れない。
なぜか。
注文の受け方が原因で出前のトラブルになることがあるたびに親方から怒られる。まぁ怒られるだけじゃなくて、じゃぁどうすればよかったのか、ってところも教えてもらうわけだけどね。
でもトラブルはなくならない。電話を受けるのが一部の「できる」人たちだけなのに。まぁよくあることだ。
で、そんな状況を、電話を受けられない人たちも見ちゃうわけ。そしたら怖くて電話なんて取れないやね。
厨房の仕事を自分の判断で進められる人が電話も取り、自分で判断することができない人ほど電話を取らない。
判断できる人は何かしらの作業を中断して電話を取る。電話を切るとメモから伝票を起こす。お好みの細かい注文だと伝票を起こすのに5分以上掛かってしまう。
お店の中が忙しい時、自分の作業が途中の時の5分てのは致命的。
なもんだから「切って盛るだけ」の厨房料理であってもえらく遅くなってしまう。
「お待たせしてすいません。○○お持ちしました」ってのがお寿司や焼き物なら救われるけど、豆腐じゃぁ救いようがないってこと。

最低限でかまわない。業務マニュアルは大切。
お店の中堅スタッフとその事について話し合った。
いつまでこの状況を続けるつもりだ、と。
スタッフへの教育はやらないのか、と。

まぁそうなんですけどね、忙しくてなかなか。昔はやってたんですよ。でもその人もやめちゃったし。

それはマンツーマンンで教えちゃうからだ。職人仕事ならそれでも良いけど、今問題にしてる事は寿司の握り方を教えることじゃない。電話の受け方や「切って盛るだけ料理」飲み物の作り方っていう、「誰でもできるようになるとおもいっきり幸せになれる項目」についてだ。
教育は一時的に力を入れて終わりってわけじゃない。ずっとずっと続けなければいけない。人が入れ替わるならなおさら。
マニュアル。
生みの苦しみは大きい。だけどその後の苦しみはほとんどない。実情に合わせて改廃するだけだ。
何部でも作って配ってしまう。自宅で読んでもらえばよい。たまに時間を作って全員で確認会をすればいい。
これは単なる理想論じゃない。
トラブルが起きて、原因を作った人を局所的に怒るだけじゃ、トラブルと進歩が1対1。
先手を打たなければいけない。

料理の写真をバカバカ撮りなさい。盛り付けのマニュアルならいつでも作ってあげるからね。
お店が今以上に大きくなるためには絶対に必要だから。
逆に言えば、やらなかったら絶対に今以上大きくならないし、無理に大きく出ると失敗しちゃうから。

バイオハザード競▲櫂リプスの感想。

面白かった。テンポ良し。ミラ・ジョボビッチの乳首良し。
でもドーン・オブ・ザ・デッドみたいな王道ゾンビものほど、救いようのないストーリーじゃないので、どこか安心して見られちゃう。主人公のアリスがピンチになっても絶対に生き残れるんだ、って。

で、最大の対決っていう大きな盛り上がりはない。
いや、あったんだけど、そのシーンが終わってから映画の終了までが長すぎる。次回作の予告編て感じだ。

前作の最後、アンブレラ社に拘束されて病院に閉じ込められたアリス。実は改造されてました。Tウィルスに感染させられたものの、体に馴染んじゃってます。エイリアンの主人公みたいな感じ。スーパー主人公です。人間じゃないです。
今回の最大の相手は前作の最後に同じく捕まった男性。
彼も改造されちゃうんだけど、変なモンスターになっちゃう。悪魔の毒々モンスターみたいな風貌。
それが対決します。でも意外な結末です。というか観客的には予定調和。
そんなアリス、最後に死んじゃいます。ヘリコプターが墜落して。
で遺体はアンブレラ社に回収されるんだけど水槽の中で生き返ります。
S.T.A.R.S.のジル、アンブレラ特殊部隊のカルロス、Tウィルス生みの親の娘アンジェラ(実は彼女もTウィルスに馴染んでいる)、お気楽キャラのL.J.たちによるアリスの奪回計画が成功したものの、アンブレラ社はわざと逃がす。
そしてカメラがぐぐっと引いて、アンブレラ社のマークが入った衛星が映る。ここで終了。

予告編はかまわないけど、次回作どうなるんだよ。
もうゾンビのアウトブレークは無しでしょ?

バイオハザードよどこへ行く・・・

素直に面白かった。
アイザック・アシモフの古典小説われはロボットの中の「われ思う、ゆえに…」あたりをモチーフにしてるんじゃないかな。
ロボット3原則がロボット(というかコンピュータ)によって運用されると、(ロボットに比べて)不完全で弱い存在である人間を守るため、人間を押し込め、すべてをロボットで運用しようとしてしまう。
たぶんそんなところ。

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集

ヴァン・ヘルシングの感想。
テンポは良い。そりゃそうだ、ハムナプトラ2作の監督だもの。

前半はカメラアングルとサウンドで観客をびっくりさせるシーンが数回。
相手役のドラキュラは胸に杭を刺されても死なない。十字架もニンニクも効かない。ここが普通のドラキュラと違うところ。
しかし主人公が狼男に噛まれて半分狼男になってしまっているのを知ると急に恐れた顔になる。
実はドラキュラを倒せるのは狼男だけで、狼男を倒せるのもドラキュラだけ、という無理のある設定。
で、狼男に変身した主人公に(わりと)あっさりと殺されてしまう。再び生き返って、油断した主人公たちに襲い掛かるってこともない。
そんで、いっしょに戦っていたお姫様もあっさりと死んでしまい、その葬儀を行って映画は終了。

実にあっさりな映画。
ヒロインを殺したのはおそらく本作で親密になった2人の関係が次回作に影響しないようにってことかな。

ヴァン・ヘルシング
ヴィレッジ
アイ,ロボット
バイオハザード競▲櫂リプス
見終わりました。

先頭から3作品は先週の土曜日に一挙鑑賞。バイオは本日見てまいりました。
あとは来月以降でございます。

9月25日
隣のヒットマン 全弾発射:ブルース・ウィリス
10月2日
感染/予言:佐藤浩市
10月9日
デビルマン
10月下旬
コラテラル
シークレット・ウィンドウ
10月30日
SAW
11月6日
キャットウーマン

会社の健康診断を受けた。今年は節目の年なので社会保健病院で半日診断。
尿検査、身長、体重、視力、血液検査(肝炎チェックも申し込んでおいた)、胸部レントゲン、胃部レントゲン、心電図、聴覚、内診

やっぱバリウムは苦手だね。発泡剤を4回も飲まされちゃったよ。ばれないように小さくゲップしたのに。

母親:胃癌(今も元気)
母親方の祖父:肺癌(死亡)
母親の妹:多発性骨髄腫(死亡)
さすが癌の家系。これいつか来るんだろうな。来るなら胃癌希望。そんで早期治療で完治。

メモというか独り言
Windows 95, 98, NT 4.0 には WMI が入ってない。
Microsoft のここからダウンロードできる。

どーせだったら .NET でやりなさい、と言われそう。
だが、当の NT 4.0 Server 上で動いているイントラの ASP ページ上に表示させたいので VBScript ってことになる。
これが一番楽な方法。

たたき台のサンプル
strComputer = "ServerName"
Set wbemServices = GetObject("winmgmts:\\" & strComputer)
Set wbemObjectSet = wbemServices.ExecQuery _
("select * from Win32_NTLogEvent" & _
 "where LogFile = 'Application' and " & _
 "TimeGenerated >= '20040915'")

For Each wbemObject In wbemObjectSet
    WScript.Echo "ログ ファイル:" & wbemObject.LogFile
    WScript.Echo "レコード番号: " & wbemObject.RecordNumber
    WScript.Echo "タイプ:" & wbemObject.Type
    WScript.Echo "生成時刻:" & wbemObject.TimeGenerated
    WScript.Echo "ソース:" & wbemObject.SourceName
    WScript.Echo "カテゴリ:" & wbemObject.Category
    WScript.Echo "カテゴリ文字列:" & wbemObject.CategoryString
    WScript.Echo "イベント:" & wbemObject.EventCode
    WScript.Echo "ユーザー:" & wbemObject.User
    WScript.Echo "コンピュータ:" & wbemObject.ComputerName
    WScript.Echo "メッセージ:" & wbemObject.Message
Next

別に F-Secure を批判するつもりはない。
導入者もよくわかってなかったし、ボクもよく説明をうけてなかっただけかもしれない・・・

以前、派遣先で使ってたことがある。全体で3,000台規模のうち、そこの拠点では1,000台強。

使いづらかった。
新しいパターンファイルの配信方法がわかりづらかった。

本社の担当者がパターンファイルをダウンロードしてこっちの拠点の担当者にメールで送り、担当者がサーバの共有フォルダに配置する。
クライアントはインストール時に設定したネットワークパスでサーバにアクセスする。
更新の方法がちっともインテリジェンスな感じがしなかった。

いろいろ張り付いててOLEの塊になってるようなパワーポイントのファイルを日常的に使う会社だったので、リアルタイム検索もひどく遅かった。
Explore 上で MO にドラッグしようとするだけで10分待たされた事もあった。
当然ユーザーさんからの突き上げが多かったし、委員会の議題に上がることも多かった。
しかし回答は「親会社が使ってるから仕方なく」と。

でもようやくボクの働きかけでウィルスバスター コーポレート エディションに切り替えさせる事ができた。
やっとって感じ。

パターンファイルのダウンロードは自動。アップデートも自動。サポートも簡単。ライセンスも簡単。
て感じ。

朝起きたら左手が痛い。吐き気のようなストレスは感じない。
ピンを抜いてもらったばかりなので、一応大事をとって病院へ行った。

予約なしなので9:00に受け付けたものの13:30まで待たされた。食欲はあまりない。
で主治医の所見。
あぁ、よくあるんだよね。筋肉痛のひどいやつね。
回復中だよ、回復中。

あ、それでね、ピンを骨まで刺してたでしょ。肌の表面から骨までトンネルができてたの。これ体からすれば傷でしょ。肉のほうはふさがってるけど、骨にはまだ穴が空いてる。
肉の傷はふさがっちゃいるけど完治してない。傷周辺が硬くなってるわけ。その周辺の筋も肉に引っ張られちゃう。逆に言うと、筋肉が筋を引っ張ろうとすると筋につられてトンネルもグッと延びる。
トンネルの先は肌の表面にある傷跡でしょ。
ほら、指を伸ばすと肌の傷跡が陥没するでしょ。
面白いでしょ。

今、初級者を対象とした、Excel関数(数式含む)あたりの研修用テキストを作成してる。4時間コース。

非常に面倒くさい。
サンプルや図を作らなくてはいけない。練習問題も沢山作らなくてはいけない。4時間じゃ終らなくて、持ち帰って各自が自習するようなボリュームにしなくちゃならない。


さらにボクを悩ますのが、初心者を対象とした、Excel VBA の研修テキストだ。4時間コース。

何ができるんだってんだいってんだい。

Excel VBA となると、純粋に VBA のプログラミング仕様に関する部分と、Excel のオブジェクト操作の部分が混在するわけで。初心者用の本を見てみると、先に画面構成、各モジュール、基本構文、プロシージャ、変数なんかを紹介してから Excel のオブジェクトに移るパターンが多い。
4時間じゃそこまでできないわな。

てことで、
代入の「A=B」の説明
「Cells()」を使ったセルへの書き出し
他のセルの値の読み取り(と書き出し)
上記内容を変数で行う
条件判断
ループ
メッセージダイアログ
てな所を行う。軽くね。

いいんだ、それで。これ以上の事は、来年から予定している別研修のカリキュラムに取り入れるから。

8601ad91.JPG医者から言われたとおり、日曜日に傷の様子を確認したところ見事にかさぶたができていた。早速お風呂。

肌が弱くなっているのか、シャワーを当てるだけで痛い。痛いというか、肌が嫌がってる感じ。

指でこする。こするこするこする。
垢太郎。

手の甲側をこすると粘土のような垢が毛に絡みつく。二、三度こすると毛がアリんこになっちゃうのでかさぶたを傷つけないように剃刀で剃毛しちゃう。

もうボロボロ。

dotnetlogo2「サーバが届いたので設定をしてください」

とある方からそんなメールが届いた。
まだ DB も Web アプリも、紙の上にもありません。企画書だけなんですけど・・・

そのまま半年間眠らせておいてください。
マインスイーパーをやってても構いません。
最高記録を目指してがんばってください。

抜けたようやく左手に刺さっていた6本のピンを抜いた。

ピンの先はネジ溝が彫ってあり、太いピンは溝のピッチが粗いので簡単に抜ける。
細いピンはピッチも細かいのでなかなか抜けない。

1ヶ月以上も刺していたので骨にガッチリと入ってました。
んなもんで、ピンを抜く際の最初の一回しが痛い。
今まで体験したことのない変な感覚。
体の中で骨が動くって感じ。

記念にピンをもらってきた。
まぁこれは保険対象の消耗品だしね。
ピンを固定していた金具は今も保険の対象じゃなく、1つ20万円ぐらいとのこと。
しかしメーカーから無料で貸し出しているようなので患者への負担もゼロ、ってことでした。

最近のはアレかい。
やっぱスポンサー都合で商品性を上げるために武器や道具を使うわけかい。

そんで色とりどりな美形を集めて母親まで取り込んで玩具を買わせやすくするわけかい。

ライダーがいっぱい出てくるんだもの。
しかもライダーどうしで戦うんだもの。
びっくりしちゃったよ。
刀とか銃を持ってるしさ。

刑法 第二百八条の二 凶器準備集合及び集結
第一項
二人以上の物が他人の生命、身体又は財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備して又はその準備があることを知って集合した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

第二項
前項の場合において、凶器を準備して又はその準備があることを知って人を集合させた者は、三年以下の懲役に処する。

ライダー達はちゃんと税金払ってるよな。
てことは人間なんだよな、扱い的には。
てことは珍走団が凶器を持ってケンカするのと同じだね。

SPORT(S)
運動競技。
楽しみと肉体的訓練を兼ねた運動の総称。

世の「スポーツ」は体ひとつでひたすら走るものから道具を使うものまで色々ある。
そんな中「はぁ?」と思うようなものもまで「スポーツ」と呼ばれている。

モータースポーツ

はぁ?

足や手でアクセル開くことがスポーツなのか? と。
それじゃ草刈り機で雑草を刈るのもスポーツか?

耐火スーツで汗だくになることがスポーツなのか? と。
それじゃサウナもスポーツか?

ま、それはこの際いいや。


そんで、恐ろしい競技を発見。

MOTEGI 7h ENDURO
第1回 もてぎ7時間エンデューロ


このタイトルだと 'ツインリンクもてぎで行われる7時間耐久レース' ってだけだよね。
で、何を連想する?
車かバイクってとこだね。

しかしコレ、チャリンコなんですな。自転車。
TRM のロードコース(オーバルに併設されてるコース)を使います。

想像してみてください。
1周約4.8kmあり、ストレートの長さや道幅は車やバイクの移動速度に合わせて設計されてます。
そこでチャリンコがレースするわけです。

奥のコーナーをライバルに続いて曲がってくるチームメイト。
コーナーの先は長い直線。
うまく背後についたぞ。
そのまま直線で加速しろ!
もうすぐコーナーだ、抜け! さしこめ!

って車やバイクならこうなるわけですが、

「長い直線」

5分くらい掛かるんですかね。
見てるほうはウトウトっとできますね。

カテゴリーは MTB、ロード、ママチャリ、電動アシストなど。
姉妹レースとして鈴鹿の自転車8耐もあるそうです。