Google のキャッシュしか残っていないが、MOUG の Excel VBA 掲示板での出来事。
VBAってほんとにあるの?
<経緯> 「VB 5.0 の Form ではできたコントロール配列が VB 6.0 の UserForm ではできないのは何故?」といった質問がポストされた。当然ながら VB 6.0 でもコントロール配列は普通に出来る。
"UserForm" というキーワードから「VB 6.0 ではなくて VBA の話だと思う」という回答と、「ここは Excel VBA の掲示板だから、Moug にある別の掲示板 "プログラミング" へ行った方がいいよ」という回答が付く。
質問者が直接なんと返答したのか分からないが、程なく質問をクローズした。
その流れに疑問を持った別のユーザーが新たなスレッドを開いたのが「VBAってほんとにあるの?」である。
ざっと読んでもらえばわかるが、論旨が何回転もしてしまう(回答者側から見れば)。

そして質問者の最後の捨て台詞。
Excel などの VB Editor で [ヘルプ]-[バージョン情報] では「Visual Basic 6.0」と表示されてあり、ダイアログの下の方に「Version 9972」「VBA: Retail 6.x.xxxx」「Forms3: 11.0.6550」などとも書いてあるが、この製品はバージョン情報にも書いてある通り「Visual Basic 6.0」としか読めない。マイクロソフトほどの大企業が製品名を間違えることはないはずだ。よって「この製品は VBA ではない」 と推論する。
VBA という「製品」はこの世に存在しないのである。
しかし「VBA という概念」は実際に存在しているであろうから、自分はこれからも VBA というキーワードは使い続ける。

まぁ嵐は起こしたものの、めでたしめでたしじゃないでしょうかね。
この方はこのスレッドのなかで大いに叫び、「VBA は概念である」と結論付けましたが、実際に自分で誰かに VBA を教える時にそんな事を言うとは思えません。まぁちょっと熱くなっちゃっただけだと思います。


しかしスレッドの中にあったリンクを読んでびっくりしたんだけど、VBA ってマルチスレッドの機能を持ってるのねw
だけど Excel などの製品に組み込む過程でそこら辺の機能を封印してるみたいですわ。だからマイクロソフトから VBA のライセンスを受けて自社製品に VBA を組み込む場合はマルチスレッドにもできるみたいよ。
マイクロソフト Visual Basic for Applications 製品のご案内「よくある質問」