Access 2007 で新規作成した Access 2000 形式の mdb での話であり、2007 形式のデータベースとかで試したわけじゃないです。

[データベース ツール] タブの [データベース ツール] グループの [データベースのエンコード/デコード] コマンドを実行。
<エンコード先データベース> ダイアログ(名前を付けて保存するダイアログ)にて保存先を決定する。
すると保存された mdb は最適化された状態になっている「みたい」です。

Access 2007 で新規作成した Access 2000 形式の mdb をいじくってます。
テーブルの列をバッサリと削除したんで 50MB もあるファイル サイズを小さくしようとおもったんですが、どうやって最適化したらいいのか見当がつきません・・・
Access 2003 までは [ツール]-[データベース ユーティリティ]-[データベースの最適化/修復...] ってコマンドで一発でしたね。

[データベース ツール] タブの [解析] グループにある [パフォーマンスの最適化] コマンドはデータベース内の各オブジェクトを解析して「リレーションを作ったほうがいいよ」とかアドバイス & 実行してくれるコマンドなので、ちょっと違うよね。
んで同じく [データベース ツール] タブの [データベース ツール] グループにある [データベースのエンコード/でコード] ってコマンドを実行してみたら <エンコード先データベース> っていう、いわゆる「名前を付けて保存」のダイアログが登場。保存先を選べってことですな。
保存先とファイル名を決定して [保存] をクリック。
保存された mdb ファイルのプロパティを見てみるとファイルサイズが小さくなってました。
Access 2003 までは [現在開いている mdb を閉じる]->[Access が対象 mdb を最適化して同じフォルダに別名保存]->[Access が対象 mdb を削除して最適化済み mdb に元の名前を付ける] てな動きだったもんで、どうにも Access 2007 の動作が怪しく感じます。
しかしこの動作のほうが助かる場面もないわけじゃないです。
開いたときにイロイロと自動実行させるようにしている mdb をメンテして、最後に最適化をしたい場合。
今までなら最適化が終わると最適化済みの mdb が自動的に開いたわけですが、自動実行されちゃこまるわけで、あわてて [Shift] を押したり。
Access 2007 の動作ならめでたく最適化済みの mdb がフォルダに転がってるわけで、それをサーバにポーンと放り込むだけでメンテナンス終了。てな感じ。
いや、ホントにこのコマンドで最適化するのが正解なら、て話ですが。