INTERNET Watch の記事 "「DRM普及でも補償金制度は必要」権利者側がメーカーに利益還元求める"
元ムーンライダーズの椎名和夫なる貪欲な金の亡者が言うわけです。
「消費者と契約者の間で個別課金が可能になったからお終いというのではバランスが取れない」
「私的複製の問題は、メーカーが高度な複製技術を一般に普及させたことから生じている」
だから今度はメーカーも権利者に金を払え、と。

CD 買って PC で MP3 にして iPod に転送して個人的に聴く。何でそこからお金取るかね。
あんたらそんなに信用できないん?
とっくの昔にレコードで儲けちゃってるアルバムでもカセットテープでも出して同じように儲けようとし、CD の時代になれば CD でも同じように儲けようとし、ネットで買えるようになればそこでも同じように儲けようとした。
そこで 「ベスト盤」 なんてものも出して別の形に姿を変えたりもしたり。
さらには CD-R からも儲けている。(絶対に権利以上にもらいすぎてるよな。だってこっちから請求しないと返さないんだもの)んでプレーヤーからも儲けようとしている。

オイラは気持ち悪くてたまんない。こういうの。