どうやら Windows 7 ベータのダウンロード規制が解除されたみたいなのでオイラもダウンロードしてインストールしてみました。
MSDN のライセンスを部下に移譲しちゃったもんで、解除はうれしいニュースです。
インストール先は Virtual PC 2007 です。
ホスト機の情報は下記のとおり。
CPU: Intel Core2 Quad Q9400 2.66GHz
RAM: 4.00GB OS: Windows Vista Home Premium SP1

まずは Virtual PC 2007 を起動。
空っぽの Virtual PC 2007
まだゲスト OS は一つもありません。

新しいバーチャル マシン ウィザード
さっそくゲスト OS を作成。ウィザードを開始します。

バーチャル マシンの作成
"バーチャル マシンの作成" を選択します。

バーチャル マシンの名前と場所
ゲスト OS の保存場所を設定します。

オペレーティング システム
ゲスト OS をテンプレートから選択します。
もちろん Windows 7 はテンプレートに入ってないので Vista を選択しました。

メモリは 1GB を指定
メモリは 1GB に設定。

新しいバーチャル ハード ディスク
新しいバーチャル ハードディスクを作成します。

バーチャル ハード ディスクの場所
バーチャル ハード ディスクの保存場所を指定します。

新しいバーチャル マシン ウィザードの完了
ゲスト OS の設定完了。

ゲスト OS 作成完了
ゲスト OS がランチャーに登録されました。

ゲスト OS の設定
Windows 7 ベータ用ホスト OS の設定内容。
CPU が仮想化に対応しているので "ハードウェアの仮想化" を有効にしてみました。

以下 "その 2" に続きます。