Virtual PC 2007 に Windows 7 Beta をインストールしてみたよ (その 1) からの続きです。

ゲスト OS の準備が整ったので早速起動していきます。

ゲスト OS 起動
とりあえず起動。当然ブート可能なものが何もないので DHCP グルグル状態。

ISO イメージをキャプチャする
Virtual PC のメニューから "ISO イメージのキャプチャ" を実行して Windows 7 の ISO イメージを読み込みたいと思います。

Windows 7 のイメージを指定する
ダウンロードしておいた Windows 7 ベータの ISO イメージを選択します。

ゲスト OS を再起動する
一度ゲスト OS を再起動させます。

Windows 7 をインストール開始する
ISO イメージから起動してインストールが開始されます。

言語設定
少し待つと急にきれいな画面が表示されます。
まずは日付と時刻の設定。デフォルトのまま先に進みます。

インストール開始
[今すぐインストール] をクリック。

ライセンス条項
ライセンス条項をしっかり読んだら同意して先に進みます。

インストール方法を選択
インストールの種類を選択します。
新規なので "カスタム" を選びました。
ここの画面では "アップグレード" や "カスタム" の表示項目自体がボタンになってるのでどちらかをクリックした瞬間に次の画面に行っちゃいます。

インストール先を指定
インストールするディスクを指定します。

ファイルを展開中
インストールに必要なファイルをコピーして展開中。
ただただジッと待ちます。
と言ってもそれほど待たされませんでした。

一度目の再起動
展開が終わると自動的に再起動します。
きれいな画面がワクワクさせます。

引き続きインストール中
引き続き自動実行中です。何もせずにジッと待ちます。

きれいなプログレス バー
初期インストールが終わり、いよいよ Windows 7 が起動します。
起動時のプログレスバーもカッチョイイです。

ユーザー名とホスト名を決める
ユーザー名とホスト名を設定します。

ユーザーのパスワードとヒントを設定
先ほど指定したユーザーのパスワードとそのヒントを設定します。
ヒントは必須項目のようです。

プロダクト キーを入力
プロダクト キーを入力します。プロダクト キーは ISO イメージのダウンロード ページに表示されていたものを使用します。

Windows Update の設定
アップデートの設定をします。とりあえず "後で確認します" を選びました。

日付と時刻の設定
日付と時刻を設定します。

ネットワーク設定
ネットワークの設定をします。
とりあえず "ホーム ネットワーク" を選びました。

ホーム ネットワークの自動設定
ホーム ネットワーク用の設定をしているところです。
従来の "ワークグループ" に替わって登場した "HomeGroup" ってやつの設定を行っているのだと思います。
そんで DHCP を探してアドレスをもらっているのでしょうね。

共有リソースを指定
共有させるリソースを選択します。
今回はとりあえず全部のチェックを外しちゃいました。
右側にパスワードが表示されています。
ワークグループと違い、HomeGroup ってやつは参加する時にパスワードが必要になるんでしょうね。

最終処理
最終設定をしているところです。

ようこそ
"ようこそ" が表示されました。もうすぐです。

デスクトップ準備中
焦らしがうまいようです。

デスクトップ
デスクトップが表示されました。
きれいな壁紙です。
タスク バーは Vista よりも少し高いかな。
Virtual PC なので Aero は無効になってしまってます。

警告が 2つ
タスク トレイに警告が 2つ出ていました。
ウィルス対策がされていないのと、更新設定がされていないからです。
とりあえず更新設定だけやっておきました。

以下、"その 3" に続きます。