うちは両親ともに胃がんを経験している。
どちらも早期発見だったが残念ながら親父は術後経過が良くなく、胃からの内出血が原因で去年亡くなった。
どう見ても手術ミスだろうって事はとりあえず置いておく。

そんな家系なので自分も癌に関しては運命を受け入れる事にしている。

で、毎年の健康診断が今年もやってきた。
メタボ系に関しては今年も結果は見えているのでどうでもいい。
今回は大腸がんと胃がんの検査についての話題。

大腸がん検査のため 2日分の大便のサンプルを提出するのだが、毎日ウンチが出ないので毎年 1日分しか提出できない。
今年こそは 2日分のウンチを提出すべく、木曜日にささがきにしたゴボウ 3本分を入れたキムチ鍋を作り、木金土の 3日間の夕食とした。

その効果が出たのか、それとも単なるルーチンなのか、金曜の夜にウンチがしたくなり 1日目のサンプルを採取することができた。

2日目のサンプルが採取できない、、、

結局 1日分しか持たずに健康診断へ。
例年なら当日朝のウンチを提出していたのだが今年はちょっと古めの金曜夜のウンチ。 受付の女性に古いウンチであることを告げる。
2日目のサンプルを後日持ってくることもできるようだが面倒なので丁重に断る。
まぁ大腸がんの検査つっても便に血液がついてるかどうかって程度の検査だろうしね。

ここで問題になったのが宿便である。
今年は当日朝まで頑張るつもりだったので土日分のウンチが腸内に残っているわけだ。
胃がん検査ではバリウムを飲む。
ウンチが出づらいので下剤を多めにもらうのだが、宿便があると下剤がそっちに行っちゃってバリウムが出る前に効果が消えちゃう可能性があるそうな。
そのまま腸内で固まってしまうと手術が必要で、費用までは保証してくれない。
6時間から 8時間経ってもバリウムが排出されない場合は医師への相談が必要。
と脅された。
ように感じた。

で、さらに多めの下剤をもらったのであった。

検査直後に 2錠服用。
1時間半経過した頃に陣痛が始まり褐色の元気な赤ちゃんを出産。
白くない。
こいつは土日分の宿便か?
そういや下痢便じゃない。
ゴボウの繊維パワーなのか、普通の固形。
しかも大きめ。

便通も腹痛もこないまま 2時間経過。
心配になり 2錠追加。

6時間後に再度陣痛。
勢いよく出たのは下痢便。
でも色白じゃない。

10時間経過。
医師に相談が必要な時間。
ここで 3度目の陣痛。

来た。
白い奴が来たよ。
ペットボトル ロケットみたいに勢いよく出て来たよ。

安心して今日初めての食事をできるよ。