dotnetlogo2今日初めて知った。
いや、そういうツールがあることは知ってたけど、BTS という言葉と結びついたのが今日、ってこと。
Bug Tracking Tool、他に Issue Tracking Tool とも呼ばれてるみたい。
ようするに、あっち側の誰かが何らかの問題を打ち上げて、こっち側の管理者がその問題を確認後に重要度などの情報を付加してこっち側の担当者に振る。担当者は作業を行って問題を解決する。その問題が本当に解消されていれば打ち上げを Fix する。

テスターからのバグ報告を開発者グループが Fix させるような感じで使うらしい。
もっと広く言えば、誰かから何らかの問題が打ちあがってきて、それを誰かが対応して完了させる、っていう感じ。同じパターンであれば、お客様相談室、ヘルプデスクなんかにも応用できそう。

で、IISが動いてるわけだし .NET Framework 上で動くツールはないかな、って探したわけです。
そこで行き着いたのが Gemini っていうツール。
ただいかんせん英語がねぇ・・・
項目が英語なのはすぐに慣れるんだけど、選択項目のリストもすべて英語ってのは、そういう類のツールを使ったことがない人にはサッパリなわけさ。

で、ミニマムな機能なら自分で開発できるんじゃないか、って思ってます。

IIS + .NET Framework 1.1 + SQL Server という環境で稼動。
開発は VB.NET あたりで。