TEMTECOMAI ORTHOSTATIC HYPOTENSION

元ダメプログラマで現ダメ中間管理職の駄文

カテゴリ: CINEMA

黒崎くんの言いなりになんてならないが 2月27日 (土) から全国上映されるらしいのですが、その映画チケット 2枚を予約してほしいと頼まれた。
まだ 2週間も前なので予約できないわけですが、TOHO シネマズのサイトを見ていると封切日の 10時20分の回が終わった所で出演者たちによる舞台挨拶が全国同時中継される、と。

TOHO シネマズ宇都宮での PC 等によるチケット予約は 24日の深夜 0時から始まるわけですが、なんか昨日から 「きっと忘れる」 とか 「その日は遊びに来ないよね」 とかプレッシャーを受け続けているわけですよ。

がんばるから。
がんばるからさ。

例のごとく親戚のお子ちゃまにせがまれて初日に観た。
劇中で思春期を迎えた悪魔ちゃんを観たお子ちゃま、帰りに手をつなごうとしたら断られた。。。
さみしい。

そんな映画があった。
いろいろ不可解な何かが記憶にとどまっていて、あとでそれらが全て繋がる啓示だったって話。

夕べマイカーを預けるために脱走した際、コンビニでプリンを買った。
そして今朝起きてすぐ、自販機でブラック コーヒーを買った。

画像1
病院の朝食に自然に溶け込んでいる。
そうは思わないかい?

ついでに言うと、なぜか車の中に洗面道具と着替え一式が入っていて、何の混乱もなく入院できたってのも奇跡ですか。

トイレでベルセルクを読み込んでしまった。
でも映画は見に行かないだろうな。

30日の夜は派遣先のお客様が飲み会を開いてくれた。
1次会は忍家で。2次会はその近くのすし屋さん。(というか飲み屋さん)
優寿司に辿り着いたのは深夜 2時ぐらい。
爆睡
8時起床。映画は 9時から。多少の段取り変更はあったものの、お子ちゃま 2名を回収して映画館へ。同僚と合流。

1歳違いの 3名のお子ちゃまはすぐに打ち解けた。特にオイラんとこのセカンダリなお子ちゃまと同僚のお子ちゃまは共におしゃべりタイプらしく、着ている服の自慢大会ですわ。

ねぇねぇこのブーツ、リボンが付いてて可愛いでしょ? イオンで買ったのよ。

私のブーツも可愛いでしょ?

終始こんな感じ。
取り残されたのがプライマリなお子ちゃま。だってサンダル履いてくるんだもの。おまえ、なんでサンダルなんだよ。。。

映画本編、案の定、開始 10分で寝てしまい、エンドロールまで爆睡していました。
昼飯はそりゃマックでしょう。プリキュアだもの。
ハッピーセットを 3つ買ったが結局ドリンクとポテトぐらいしか食べやがらない。ポップコーン食べた直後だしな。
オイラは自分のバリューセットとハッピーセットのハンバーガーと。。。

はい、解散。
セカンダリーなお子ちゃまを送り届け、残るはプライマリーなお子ちゃまの誕生日プレゼントだわ。

親戚の 6歳のお嬢ちゃまから何度も念押しされてます。
10月30日、プリキュア封切りの日に映画へ連れて行け、と。
トイ ストーリー 3 を観に行った時に約束されたのだが、やっぱ覚えてるもんだな。いや、もしかしたらママンが定期的に情報を与えているのかもしれん。。。

ところがですよ、1週間前になってもう一人、親戚のお嬢ちゃま (6) も一緒に行く事になったわけですわ。

すでに同僚、その 6歳のお嬢ちゃま、2歳のお嬢ちゃまも一緒に行くことになっていたので総勢 6名ですわ。

んで同僚からローソンで売っている前売り券の事を教えてもらったんですわ、特典としてバッグが付いてるやつ。
さっそくプライマリーなお子ちゃまを連れてローソンへ。
しかし数量限定なので封切り 1週間前では既に取り扱っていない、と。
追加販売の特典付き前売りがあったんだけど、そっちの特典は取り寄せになるので 10月31日以降に引き渡しってことなんで却下。
せがまれまくって宇都宮中のローソンを何件も回りましたよ。
しかし 1店舗で終了なら全てで終了てことでしょ、オンラインだし。
そこら辺を本人に伝えても分かってもらえないだろうから、本人があきらめるまでローソンを探しまくりましたよ。

で、お子ちゃまのおうちへ帰宅。
んで夜になったんでオイラも帰り支度。
その時ですよ。
○○くん、今日は何日? (君付けで呼ばれてます)てな事を言うわけですな、お子ちゃまが。
はは〜ん、こいつはまたしても 30日って日付を確認したがってるんだな、と思い、今日はココ、今度の土曜日が映画だよ、なんてカレンダーを指さしながら教えてあげる。

ちが〜う。

は? とオイラ。

明日は何日?

25日だよ。ココね。とカレンダーを指さす。

じゃぁ、次の次の日は?

27日だよね。。。

そう、○○ちゃんの誕生日!!
バッグもらえなかったからプレゼント頂戴!!

まるっきり子供の論理だな。。。
前売り券でバッグがもらえるって話は今日初めて聞いた話だし、今まで何度かプリキュアを観に行ってるが、ネット予約の当日券だったわけだし、だいいちバッグはもらえてラッキー、もらえなくてもプラマイ ゼロで、マイナスじゃないはず。
なのにバッグをもらえなかったオイラの現在のステータスはマイナスになってるらしい。約束を守らなかった奴と同じ扱い。
なので誕生日のプレゼントを寄こせ、と。。。
てことで映画を観に行ったあとにプレゼントを買ってあげることになってしまったよ。

まだ観に行ってません。

ところで今回、乳首は出るんかい?

出るならすぐにでも行くが。

ところで乳首、感染した乳首は元気に動き回るんかい?

脳ミソないから無理か。。。

予約済み

先週上の子 2人とポケモンを観に行ったが、現場判断で急きょプレデターズとトイ ストーリー 3 も観た。
それを上の子が得意げに話すもんだから一番下の女の子も観につ入れていけ、と。
んでまたしても世界が泣いたわけです。

ところが映画館の廊下にプリキュアのでかい看板ですわ。
発見されますよそりゃ。
看板の前でピースですわ。
「いっしょに観ようね」 ですわ。

世界が泣いた。
アンディー、本当にイイやつだったんだな。
おもちゃたちも幸せにな。

まさかココでグリーンメンのあのセリフが出てこようとは!!

本日 2本目はプレデターズ。
ま、完全勝利でハッピー エンディングとはならないだろうって予想、そのまんまでしたな。
最後もああなるだろうって事は予想通りですな。
続編があるのなら観てやろうじゃないか。
続編なしであのストーリーならつまらなすぎる。もう少し終わり方を考えてほしい。

毎年恒例、映画ポケモンの引率ですわ。
んで熟睡できるように前日は徹夜。映画が始まって 5分で眠りにつきました。
中央ブロックの最前列だったので足をダラーっと伸ばして熟睡。
最大の盛り上がり場面が終わって静かになったころに丁度目が覚めるもんですな。

ただこの日、オイラとしてはプレデターズもトイ ストーリー 3 も観たかったので、お子ちゃまを説得して 3本立てにしました。

金曜の夜、お袋の実家でパソコンのメンテナンス サポート。
居間のテレビではお子ちゃまたちがドラえもんのスペシャル番組を観ている。
CM はもちろん、ドラえもんの映画の CM が流れる。
続いてプリキュアの映画 CM も流れる。
いやーな予感がした。
27日に優寿司のお子ちゃまのうちお兄ちゃんと弟と一緒にドラえもんを観に行く約束をしていた。
あそこの兄弟も今ドラえもんのテレビを見ているはず。
ということは映画の CM も観たはず。

ドラえもんの CM が流れた。
兄 or 弟 「ねぇママ、27日に temtecomai とドラえもんの映画を観に行くんだよね」
みたいな。

妹も一緒に CM を観ているところでその発言が出たはず。

次いでプリキュアの CM が流れたわけだ。

「いいなぁお兄ちゃん、私もプリキュア観に行きたいーーーーー!!」

きっとこういう流れになるはず。
そんで
ママ 「じゃぁ temtecomai に電話してみな」

と。

プリキュアの CM 明けから約 1分後、電話が鳴りましたよw
誰から何の電話が来るのかわかってましたよ。
予想通り。

で、次の日はプリキュアですわ。

上映待ちではしゃぐ。
プリキュア大集合

そんで来場者へのプレゼントがこれ。
たしか前回の映画でもこんな感じの帽子をもらったんだったよな。
あとプリキュア恒例の光るおもちゃ。
観客の勇気をプリキュアたちに、みたいな。
プリキュア大集合

デビルマン、イニシャル D、キャシャーン、ドラゴンボール、、、数え上げればきりがない、実写化して大失敗した映画たち。
そんな負の連鎖を断ち切ろうとして出てきたのが宇宙戦艦ヤマトの実写版。
しかし!!
断ち切るどころか大失敗する要素がたくさんあって、既におなかいっぱいです。

森雪 (21) が古代進 (36) に 「古代くん」 と、、、
そんな森雪、実写版では戦闘班なのでブラックタイガーに乗るかもしれん。

そして木村拓也が主人公を演じるってことは、実写版ヤマトの主人公は古代進じゃなくてキムタクになっちゃうってことですかね。なぜ演技できないアイドルを主人公にするかね。

そうそう、テレビ版では酒が大好きだった佐渡先生、なんと俳優は高島礼子www
足組んでフェロモン出しまくるんでしょうかね。

で、まだ発表されてないけどデスラー、誰?
伊武雅刀でいいですか?
いいですよね?
あと、ヤマト役か波動砲の役で香取慎吾ってところでしょうかね。

とここまでくれば、木村拓也ではなくて浜ちゃんが古代進の役をやってもいいんじゃないでしょうか。

そうそう、松本零士はイラスト書くの?

エヴァ観てきたよ。
いつもの通り良く分からなかった。
まぁ他のみんなも良く分かってないんだろうけどね。

こんだけリメイクを重ねる意味はあるのか?
まったく違う話になると怒る人たちがいて、同じ話でも怒る人たちもいる。
搾取されてるって部分は共通してるのかな。。。

さて本編。
あの人たちは何ゴッコをしてるのかなぁ。
最後まで観ると分かるのかなぁ。

あ、アスカの苗字が違う事に何かを期待してる人はヤラレてるかもね。

DVD でハプニングを観た。
不思議系は死んだね。
これが本家シャラマン監督作品なんだからホント死んだも同然でしょ。
不思議不思議でストーリーが進んで最後にドンッとカラクリがあって。ってのが不思議系の醍醐味なんだけど、最近のは投げっぱなしジャーマンでしょ?
見た人に何をさせようとしてるんだ、と。
ラストを迎えて何かを考えさせるタイプのジャンルじゃないだろうし。
何か満足する終息感をくれ、と。
もーーーーーーホントにーーーーーー!!
フォーガットゥン
ヴィレッジ
レディー イン ザ ウォーター
もーーーーーーホントにーーーーーー!!
まぁ最新の映画じゃないから文句の持って行きようがないんで勝手に怒りをぶちまけてるだけだけど、去年はミストやクローバー フィールドなんて面白い作品に当たったからもう少しこの流れが続いてくれるかなーと思ってたのに。。。

優寿司長男のたっての希望で、弟とともに temteco サンタから WALL-E 鑑賞の映画鑑賞のプレゼント。
んと、CG てすごいね。
そんでもって、映画の中に悪い人は出てきません。
多分めでたしめでたし。

帰りの車中での長男様から
「ねぇ、WALL-E ってどんなお話だったっけ?」
小学 2年生には難しかったか?
それともお母さんに話してあげたいからか?
てなことで、お子ちゃまでも話せる 1分サイズで説明。
聞き終えた長男様、
「うんとねぇ、途中で寝ちゃったんだよねぇ。。。」

おま、
前回のガリレオは仕方ないとしても、今回は寝ねぇだろ普通。。。

ところで、一般的な DVD とかでも気になってたんだけど日本語吹き替えモードで見てると映像の一部も日本語だったりするのってどういうことなの?

CM でしか知らないけど、この映画って主題にする部分とかタイトルの付け方おかしくない?
なんか出落ち的な
売る気あんのかね。
消防庁でも取材して 252 って隠語を知って、そっから構想開始したけど、売れるための様々なプロセスを受け入れはしたけれど、一番乗りポイントを譲らず、結局最初のきっかけになった 252 を押し通してしまった、と。
これってハリウッドじゃ絶対に承認されないんだろうな。

自分から見たいと言い出したとは言え、当然だが容疑者 X の献身は 5歳と 7歳のお子ちゃまには相当早すぎた。
開始 30分でいつものように種明かしとはいかないし、静かなシーンが長いため、飽きてモジモジしたり眠ったり。
映画館のお子ちゃま用座布団はギューギューと音が出やすいのでオイラには気になってしまう。
でも寝起きでグズらなかっただけマシか?

オイラは元々興味ない映画だったのでグッスリ寝れました。

デトロイト・メタル・シティ DVD-BOX(4枚組)

松山ケンイチ主演の実写版にばかり目が行っていたが、どうやら映画公開よりも前にアニメ版の DVD が発売されるらしい。
個人的にはアニメ版のほうが期待できる。
漫画原作の実写化って良いことないもん。変にストーリー変わるし、演出チープだし。
んでも何つってもクラウザーさんですからどっちも観ちゃうんだろうなぁ。。。


キーファー サザーランドと言えばオイラの中では 24 のジャック バウアーよりもヤングガンのドクが大きいな。
エミリオ エステヴェス、チャーリー シーン、ルー ダイアモンド フィリップスあたりの出演者も大物だし、トム クルーズもちこっとだけでてたっけか。

何気に 24 シーズン 6 を見始めてしまった。とりあず DISK 3 まで終わった。
シーズン 5 はたまたま従兄に全話見せられたのだけれどあまり記憶に残っていない。黒人の元大統領が殺されて、CTU の人もいっぱい殺されて、レギュラー クラスの人もいっぱい殺されて、オドオドしていた白人大統領がホントは悪い人で。って所までは覚えているのだけれどテロリストがどんな人物で、最後にどうなったのか記憶にない。きれいな緑のボールに危ない物が詰まっていて、それを敵の口に詰め込んで・・・ってのはシーズン 5 じゃなかったっけ? いや、別の映画だった気もする。あ、ニコラスか。

前売りを買った人たちは無事に席を取れたんだろうか。
昔の映画館では前売り券があればチケット購入の列に並ばず最優先で場内に入れたけど、今や全席指定だしネットで予約するのもメジャーだし、前売り券をチケットに換えるには当日買いの列に並ばなきゃならない。前売り券の優位性ってなんなんだろう。
ハッ!! ファンは同じ写真集を 2冊買うけど前売り券もコレクションしちゃうのか?
つまり前売り券というグッズなのね。

早速初日にエヴァってきました。
最終上映の回なのに満席でした。最前列の人はちゃんと見れたんでしょうか。

さて肝心の本編ですが、「何で秋の特番で放送するんじゃだめなの?」 てなレベル。
スポンサーからガッポリ金もらってるだろうし、また小出しグッズで儲けるんだろうし。どんだけクオリティ高い作品になってんだと思ったら普通にテレビ作品レベルでガックリ。いや、期待してなかったから別に落ち込んじゃいないか。
TBS の秋のクイズ特番の裏で放送すれば面白いんじゃね?

ほぼ CM だけの情報でそれ以上でも以下でもないストーリーが想像できるのだが、はたして驚きはあるのだろうか。

ものすごくイイ!!
適度にイイ!!
極端にお子ちゃま向けでもなく、かと言って退廃的で救いようがなく夢も希望も打ち砕かれる感じでもない。
ただただ迫力ある映像に食い入るばかりの 2時間でした。

さてその変身プロセスでございますか、3D モデラーも把握してるのかってくらい複雑な動きをしてます。
こりゃタカラトミーも映画版のオモチャは出せないだろうな。
変身シーンはだいぶ日本のアニメを研究したようで、マクロス以降のアニメを見てる感じでした。
最初の変身シーンはゆっくりじっくり見せ、後半戦闘シーンでの変身は流れの中で一瞬にして完了。

エンディング、続きに含みを持つ終わり方でしたが、はたして

まぁ結局予約でスイスイと入れたとしても満席には変わりないわけで、「トイレ」 の一言でものすごく疲れるわけです。
噂によると第二東宝はガラガラらしい。。。

んで来週はレミーのおいしいレストランを見に行こう、と言われてしまったわけですが、ネズミが料理を作る映画なんて、生物を出す食べ物屋さんの子どもが見ちゃいけません。
とオイラは思う。

台風が来てるんだから一週間延期してやれよ、ポケモン。
てか台風の中ようやくたどり着いたらチテット販売の長蛇の列が映画館を出て隣りのベルモールまで続いてるわけですよ。
オイラは予約してたので列を横目に前進。するとチケット窓口の係員さんがチケットを買おうとしてるお客さんに言うわけですよ。
「本日のポケモンは完売となっております。チケットの予約は上映の二日前から購入できます。どうぞご利用ください。」
そういうことは一時間待ちの最前列で言うもんじゃないと思うぞ。

久しぶりの映画。そりゃ MOVIX のポイントも消えてるわけだ。

さて中身の話。小学生中学年から理解可能なほどにペラペラでグダグダ。実に分かりやすい。スパイダーマン 2 でホロリとした人は裏切られるかな。まさか未だに 「すれ違い」 とかやるとはおもわなかったわ。
んで初回から気になってんだけど、スパイダーマン自信のの CG クオリティってもっと良くならないもんですかね。
ビルの谷間をブラ〜ンブラ〜ンするシーンとか、ビルのクオリティとダンチじゃないですか? 関節やサーフェイスがヘンなんですけど。。。続きを読む

何だコレ。
ハズレじゃないが大当たりでもない。でもお勧めできる。見た方がいいかも。ぜひ自分で判断。

多分、往年のファンタジー系に不思議系を加えた感じだと思う。
不思議系はサインの成功に続こうともくろんだ数々の映画が撃沈。"何か" を最後の最後まで引っ張ったあげく、結局「なんだそれ」ってなものや、最後まで何も明かさず終わる物。もはや鬼門とも言えるジャンル。
その反省からなのか、最初からサービス全開。こっちの理解を無視してグイグイと引っ張ってかれ、そのうち訳もわからずハラハラドキドキw
静かなエンディング後、あちこちから鼻をすする音がする。
ふと考える。

いや〜よかった。お腹いっぱいになったよ。
んでもなにか。。。

すでにストーリーなんて無くても構わない境地にいっちゃってるんだな、と。
今まで日本車たくさん出してんだからそろそろ日本を舞台にしなさいよ、って幹部が言ったんだろうな。

脳みそ空っぽにして観ると面白い。
脳みそ空っぽの人は素で楽しめる。
そんな映画。

おすぎ推薦の映画だそうで。

動いたよね。
最後、チェスの駒、動いたよね。

親戚の子たちに頼まれウルトラマン メビウス & ウルトラ兄弟を観てきた。
お子ちゃまはメビウスに反応していたが、オイラはウルトラ兄弟に反応。
6兄弟が揃う姿はハヌーマンを見たとき以来だよ。
「アレはオイラがチミたちと同じ頃にテレビでやってたんだよ」って説明しても「ボクも子どもの頃にテレビで観たよ」って。。。あんた等まだ 3歳だし、DVD 世代だしw お子たちよ、お前たちの感動よりもオイラの感動の方が 7倍も上だぞ。と思うのであった。

冒頭とサビの戦闘シーンは CG でグルグル。「フワフワ浮いて空中戦なウルトラマンたち。数本の触手を避けたけど一本ドーンときて捕らえられる。カメラ アングルはグルグル」てな、ありがちなシーンだけど、まさかウルトラマンが空中に浮けるとは。新鮮でした。

オイラたちをはじめ家族連ればかりでしたが、一番後ろの席にオイラと同年代の男性 2人。何やらイロイロと語りながら観てます。
まぁその気持ち、今回は共感できる。

巷で呼ばれている「パイレーツ オブ カリビアン /デッドマンズ・チェスト」はあえて「パイレーツ オブ カリビアン 2(前半)」と呼ばせていただきましょう。 どうせ後半も一緒に撮影しちゃってるんじゃないのかい?
後半は来年かな?
てな感じでした。
とは言え今回の "前半部分" でも中身は濃いのでバカ笑いできました。

んまぁ、良かったっちゃぁ良かったわけですが、どうしてこうも "BACK TO THE FUTURE 2 タイプ" になっちゃうんでしょうかねぇ・・・ "STARWARS -THE EMPIRE STRIKES BACK-" もそうだし・・・
1作目の成績で "次" があるか判断。
バカ売れしたから "次のその次" も決定。
じゃぁ 3作目に保険を掛けておくためにも、2作目と 3作目は "続き物" で行きましょう、と。
いやいや、4時間強の長作を間に 1年ほどのインターバルを入れて観るよりも、毎回完結でも大丈夫だと思うんだけどねぇ。
映画以外の収入を考えれば、同時期上映や、2作目終了直後の上映なんてことは無理なのはわかっちゃいるけれど。
でもやっぱりこういうパターンは好きになれない・・・

ちなみに TOHO シネマズ 宇都宮は肘掛が隣席と "取り合い" じゃなくて、2つの肘掛がピタッとくっついているためカップルだけでなく、偶然隣り合わせになった男女にも良い肘掛ですw
何度かハプニングありましたw

怖いし気持ち悪いし。
好きですw
映画のストーリーもまるっきりゲームですね。
引き出しの中を探しまくってマスターキーを取得。
敵に追われてるのでマスターキーの束を使って近くの部屋に逃げ込む。
足場が悪く、踏み外すと転落しちゃう場所を、腰が引けながらもジャンプで足場から足場に飛び移って渡る。
そこに後から仲間が合流して、上から垂れてるケーブルを投げてもらって元の場所に戻る。
まるっきりゲーム。

結局、主人公とその娘さんは元の世界には戻れませんでした。
何とも救いようのないエンディングで好きですw

ミッション インポッシブル 3 を観てまいりました。
本編部分は特に問題なし。良い感じ。またしても空飛ぶし。
んでもスパイが結婚しちゃったってところで終焉の予感。
しかも奥さんに職業がばれちゃったってところで更に終焉の予感。
更に奥さんが旦那の職場を訪問しちゃったってところで更に終焉の予感。
最後に旦那の職場で同僚たちに拍手されながら新婚旅行に行くってところで更に終焉の予感。
思わぬところで次の指令が入って「ニヤリ」てなエンディングじゃないってところで更に終焉の予感。
はたして次回作はあるんでしょうか・・・個人的には続けて欲しいんですけどね。

追伸
トム クルーズは未だに口が半開きでした。

やばいね。
ハートウォームで精神異常で SF な映画だよこりゃ。
BGM も良いし主人公の笑顔が素敵。

午前中で電気点検が終わったんで何となく Movix に来てみた。
物凄い行列に文句も言わず並んでたんだけど、「おさきにネット」で当日買いしちゃえばいいんじゃないか、と。
速攻で携帯からアクセスして予約し、クレジット決済も終了。携帯にメール到着。
列から離れてガラガラの引換え機へ行き、会員カード挿入。
「このカードは期限が切れているので窓口へこのカードをお持ちいただきご購入ください」
あらら。じゃあ予約手続きの時に言ってよ。
てなことで最後尾に並びなおして今は半分くらい。

↑このページのトップヘ